日程の詳細

5月13日()盛岡市上田公民館 すべての子に成就感と満足感を! 図工指導における基礎的事項と最重要ポイント

 

【午前の講座】

 10:30~10:45 人の動きを生き生き描ける酒井式描画教材【演習】

        酒井式描画教材「わくわく絵のれん習ちょう」を使って,動きのある人物の書かせ方を学びましょう。

         この教材は,ステップを追うごとに体のいろいろな部分を動かし,動きのある人物を書けるようになる優れた教材

         です。

         書き方の基本を覚えれば,水泳のポーズ,さか立ちのポーズ等,いろんなポーズが書けるようになります。

 

 10:45~12:00 白いくじらの大冒険【演習】

        酒井式は打率10割。それは,なぜか。酒井式は,部分完成法の指導法だからです。

         部分部分をやって,子どもは,失敗したと思います。

         しかし,部分完成法なので,1つ失敗しても次から次へと修正がきくようになっています。

         だから誰もが成功体験できるのです。

         演習を通して,絵の具の使い方,子どもへの声のかけ方等指導のコツを学びましょう。

 

 12:00~12:15 絵の嫌いな子を図工好きにさせる酒井式鑑賞指導

        絵が嫌いな子ほど,絵をほめられることがなかったり,「絵が下手」だと思い込んだりしています。

         どの子の作品もかけがえのない1枚だということがわかる鑑賞指導を体験していただきます。

 

 12:15~12:30 授業経営&学級経営Q&A

         授業の進め方や学級経営,教師修業に至るまで,参加者の質問に,講師全員が答えます。

         日頃悩まれていること,ぜひ聞いておきたいこと等遠慮なく質問して下さい。

 

【午後の講座】

 13:30~14:20 遊べる、飾って楽しい佐藤式工作【演習】

         遊べる工作,飾って楽しい作品を紹介し,その一つを実際に作ってみます。

 14:35~14:50 「授業がうまくなるための研修会」体験

        授業が上手くなりたいと教師なら誰もが願うところです。

         上手くなるためには,授業を見る目のある人に教えてもらうのが一番の上達法です。

         この講座では,共通教材をどのように授業するか予め考え,各自2分間で授業します。

         田村代表に介入してもらい,改善点を指摘してもらいます。

         サークル員,一般参加者の方から希望を募ります。

 

 14:50~15:20 田村代表講座

        TOSS銀河TS代表の田村治男先生は,5月の運動会,6月に向けてどのような取り組みや準備をしているのでしょう。

         子どもの荒れを見抜き,細やかな指導している田村先生の講座から学び,5月の学級経営に備えましょう。

 

 15:20~15:30 授業経営&学級経営Q&A

        今の悩みに方策はいくつありますか。

         講師陣の答えから,ご自分のクラスに合った方策を選んだり,対応の引き出しを増やしたりしてこの時期を乗り切り

         ましょう。

Photos&感想


①今日もありがとうございました。「白いくじら」は2回目になりますので、前回、何となくはっきりしなかった部分がクリアになりま

 した。子どもの前で自信を持って教えることができそうです。「龍」の方は、根気強さに欠ける子にどのように声をかければ丁寧さを

 保ち続けられるのか、子どもたちと勝負してみたいなと思いました。

②実技を通して酒井式で追試することのポイントをいくつも教えてもらいました。本に書いていないライヴでしか学べないことがたくさ

 んありました。波を描くときのザブ~ンザブ~ンや、かたつむりの線で顔を描く時のスピード、失敗したという時の声がけの仕方など

 具体的に学ぶことができました。短時間だったのに、みんなすてきな作品ができていて驚きました。午後は、学級経営をふり返る20を

 田村先生に教わりました。できていない項目もあり、すごく子どもに悪いことをしたなと思います。また、田村先生のように信頼され

 る先生になりたいです。

③清水先生の佐藤式工作は、自分で実際に作ることで、すぐ指導することができそうだと感じました。藤澤先生の演習では、改めて教態

 について考えることができました。代表講座では、学級目標の生かし方、子どもへの対応の仕方のヒントをいつもいただきます。いつ

 も余裕なく過ごしているのですが、ハッタリでも子どもたちの前でゆったりと指導できるようになりたいと思いました。

④「日記を書いたのに忘れてきました」→田村先生の対応は、瞬時にどのような対応がよりよいのかを、たくさんの引き出しから出して

 きて行っているのだなあと思いました。一人一人違っていてあたりまえ、対応も違っていなければならないのに、“明日もっておいで”

 で済ませている自分に気付かされました。子どもをひとりひとりとして見ていなかったことに反省です。また、月曜日からです。

⑤酒井式の絵画も佐藤式の工作も、図工が苦手な自分でも講座の時間があっという間に過ぎていました。このようにどの子も夢中になれ

 て成功できる酒井式・佐藤式の教材を、どの子にも体験させてあげたいと思いました。鑑賞指導も、ぜひ行ってみたいと思いました。

⑥酒井式の実際を体験させていただきながら、図画指導のポイント(絵の具の水の使い方、パレットの使い方まで)を教えていただき、

 ありがとうございました。支援に入るクラスの担任の先生を心をそろえながら指導にあたれそうです。「研究会体験」で、サークルの

 先生方の授業の見方、あたたかいほめ方を見せていただき、参考になりました。どんなことでも実際に体験してみる、見てみることの

 大切さを学ぶことができました。

⑦図工の指導法を聞き、またやってみたいなと思った。授業力を高めるためにDVDでも講座でも様々な教科の指導法をお聞きしたいで

 す。どの講座も勉強になりました。月曜日から実践していきます。ありがとうございました。