日程の詳細

4月2日()北上市総合福祉センター 最高のスタートダッシュを切る!黄金の三日間Ⅱ 学級のシステム機能

 

【午前の講座】

 10:30~10:45 出会いの瞬間 この語りと演出で子どもの心をつかむ!

        子どもたちとの出会い,その最初の瞬間はとても大切な場面です。

         出会いの出来事が,その後の1年間を決めてしまうこともあります。

         この大事な場面で,何を,どう語りますか。どのような準備をして臨めばよいのでしょうか。

         子どもの心をつかむ語りと演出方法を紹介します。

 

 10:45~11:00 差がつく戦略・細案 黄金の三日間 全タイムスケジュール

        新年度の最初の三日間は,1年間を左右する重要な時です。

         慌ただしい新年度,三日間はあっという間に過ぎてしまいます。

         三日間のうちに,どのようなことを,どこまで行いますか。

         安心して新年度のスタートを切るために,具体的なタイムスケジュールを設計して黄金の三日間に備えましょう。

 

 11:00~11:15 この対応で勝利する やんちゃ君との最初の闘い方

        「シャープペンシル持ってきていいですか」「給食残していいですか」。

         新年度,子どもたちは様々な質問をしてきます。

         これらの質問は,教師を試すための小さなアドバルーンです。

         対応を間違うと,教室は混乱していきます。

         やんちゃ君との闘いに勝利し,学級の統率力を高めていく方法を学びましょう。

 

 11:30~11:45 今さら聞けない?「席替えどうしてますか」 安定したルール・システムを作る

         どのような座席で生活するかは,子どもたちにとって大きな関心事であり,切実な問題です。

         それだけに,席替えは安定した学級をつくるための重要なカギといえます。

         様々な席替えの方法とそれぞれの長所短所を交流し合いながら子どもたちが納得する安定したルール・システム

         の作り方を考えましょう。

 

 11:45~12:00 「討論の授業」をめざす方必見!「全員に考えをもたせる」最初の指導 授業システム概要編

         向山洋一氏は討論的授業を成立させる条件として「全員が答えをもつ」ことを挙げています。

         全ての子が考えをもっているという状態は,授業を成立させる上で極めて重要なことです。

         その指導はどうあればよいか,最初の指導のポイントは何か。授業システムの概要を紹介します。

 

 12:00~12:15 「討論の授業」をめざす方必見!「全員に考えをもたせる」最初の指導 授業実践編

         第5講座の内容を授業化して提案します。

         向山氏は「すべての授業は討論になることにあこがれる」,そして「討論の授業を組織することは高段の芸である」

         と指摘します。

         討論の授業に至るステップ,その初歩の段階の指導を学び,黄金の三日間のうちに授業を軌道に乗せましょう。

 

 12:15~12:30 授業経営&学級経営Q&A

        本日の講座でよく分からなかった点、新年度を迎えるにあたっての不安や昨年度から抱えていた疑問など、

         職場では解決できなかったことを思い切って聞いてみましょう。

         解決のヒントを得られるかもしれません。

 

【午後の講座】

 13:30~13:50 子どもたちの1日 タイム別生活システム徹底の仕方

         朝自習・朝の会・休み時間・帰りの会。

         問題が起きることなく,子どもたちの力でスムーズに生活できる…。担任ならば誰しも願うところです。

         そのためには,黄金の三日間でどのように子どもたちに趣意説明し徹底させればよいのでしょうか。

         3月26日()のセミナー第5講座で「快適な生活を送るためのルール」を提案しました。

         本講座では,そのルールとシステムの徹底の仕方を,具体的な場面を取り上げて紹介します。

 

 13:50~14:05 誰もが納得 この指導で落ち着いた給食時間を

        給食は,子どもたちの荒れの兆候が見えてくる時間といわれます。

         一人一人がどのように動くかが明確であると,子どもたちの行動は安定します。

         準備や後片付けの仕方,当番のシステムやおかわりのルールについて紹介します。

 

 14:20~14:35 子どものやる気アップ! 宿題と家庭学習の秘訣!

        子どもたちに,どのような宿題を与え家庭学習に取り組ませていますか。

         この講座では,宿題の内容と方法,チェックと処理の仕方について学びます。

         みなさんで,交流し合い共有し合いましょう。

         新年度,子どもたちのやる気をアップさせる秘訣もお教えします。

 

 14:35~14:50 急な出張も大丈夫! 子どもたちだけで静かに

        出張や研究授業などで子どもたちを自習させる時に,「子どもたちが騒いで,他の学級に迷惑をかけないか」

         と心配になったことはありませんか。

         向山先生は「ごく単純な作業を伴う課題」を与えるとおっしゃっています。

         安心して自習させ,しかも処理が簡単な方法をお教えします。

 

 14:50~15:20 田村学級 黄金の三日間

        田村氏は黄金の三日間をどのように設計しているのでしょうか。

         どのような学級でも,毎年安定した経営をし,子どもたちに力をつけ,子どもたちと保護者の信頼を得ている

         田村先生の特別講座です。

 

 15:20~15:30 授業経営&学級経営Q&A

        本日の講座でよく分からなかった点、新年度を迎えるにあたっての不安や昨年度から抱えていた疑問など、

         職場では解決できなかったことを思い切って聞いてみましょう。

         解決のヒントを得られるかもしれません。

Photos&感想


①講座に出る度に新しい発見があり、「なるほどォ~」と頷くことばかりです。褒めることと注意することのバランスに迷った日々でし

 たが、この講座を聞いてからは相手が納得する(行動に移せる)言い方が少しずつ言えるようになってきました。TOSSのおかげです。

②昨年度初めて学級担任をし、新年度準備にとても苦労しました。TOSSのセミナーに参加したことで、今年度は自信をもって新年度がむ

 かえられそうです。給食やそうじのシステムのつくり方、それぞれの先生方が行っている指導の工夫を学ぶことができて、自分にとっ 

 てとても実りのあるセミナーになりました。ありがとうございます。

③『出会いの語りは、その内容を決め、練習しておくことで「あ、言うのを忘れた」というようなことがなくなる』この当たり前のよう

 なことができていない学級が多いと感じる。黄金の三日間のタイムスケジュールを細かく作り、(特に初日)対応し続ける準備が必要

 だと感じた。演習は大変勉強になります。自分がいいと思っている指導を見直すためにも大変役立つと思う。参加してよかったです。

④今まで分かっていると思っていたことでも、どこか詰めが甘かったり違っていたりするところがあり、うまくいかなかったという理由

 が見えてくる講座でした。いい方法だと思い込んでいないで、新しい情報を学び、良い方法を学び直していくことが、今の自分にとっ

 てとても大切なことだと改めて感じました。「子どもたちは夢と希望を抱いて学校に来る」という田村先生の言葉にじーんとしまし

 た。明日からがんばります。次も参加します。自分の仕事に誇りをもてる教師人生を歩んでいきたいです。ありがとうございました。

⑤今日の講座は、そのまま自分のノートに貼って、明日から準備や学級開きができるとても有益な内容でした。全ての講座を受けて強く

 思ったことは、「趣意説明」が大切であるということです。自分は、4月は学級経営ノートを準備するので、子どもたちに趣意説明を

 することが多いです。しかし、月日がたつにつれて趣意説明が減り、教師からの押しつけになってしまうことが多かったので、「いつ

 でも趣意説明」を常に意識して1年間を乗り切っていきます。ありがとうございました。

⑥黄金の三日間に何をどのように子どもたちに伝えるのかぎっしりつまった講座でした。具体的な対応のしかたを示していただき大変参

 考になりました。田村先生のやんちゃ君との闘い方の中で話された前提が心に残りました。自分での思い込みがずいぶんあったと反省

 しています。子どもへの温かい対応も目に見えるようです。討論の授業もステップをふんで積み重ねていくことで、力の差が出てくる

 と思います。ぜひ、今年度実践していきたいです。講師の皆さん、事務局の皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

⑦趣意説明の仕方、語り方など様々な先生方の方法が聞けてとても勉強になりました。また、最後の田村先生の語りが心に残りました。

⑧特にQ&Aでは、自分の悩みを共有しアドバイスを頂けるのでありがたいです。常に新しい情報、指導の仕方、本当に勉強になります。

 ありがとうございました。

⑨子どもたちの前で行うこと、話すことに意味がある(なくてはならない)ことを認識しました。殊に黄金の三日間の計画を立てるとき

 には一つひとつの行為にどんな意図を込めるかが大切だと思いました。今週しっかりと準備して子どもたちを迎えたいと思いました。

 ありがとうございました。

⑩ルール、システム化は、分かっていたつもりでも実際「どのようにしますか」と問われるとすぐに書くことができませんでした。子ど

 もと対面するまでにノートに書いて準備したいと思います。今さら聞けない?やんちゃ君対応、特別支援を要する子への具体的対応、

 保護者への趣意説明など今後もよろしくお願いします。